ビジネスシーン

緊急事態宣言以降、在宅勤務などで家時間が増えた人が慢性的な運動不足になっている

一時期、テレビのニュース番組や情報番組でも取り上げられていた事がありますが、コロナ太りに陥った人は多かった気がします。

コロナ禍で思っていなかった運動不足になりやすいパターン

今でもコロナの所為で太っていて、毎日運動しているけどなかなか余計な肉が落ちない!と悩んでいる人は多いのです。

特に、通勤で電車の乗り換えが激しかった人や、自転車や徒歩で駅まで行っていた人の多くが慢性的な運動不足になっていて、通勤の時に自然とやらざるを得なかった運動量と同じかそれ以上の運動を自然に無理なく出来ないか模索している人が多い様です。

結局、通勤は週1回とか基本的に在宅勤務になっている人や、仕事が無くなったり会社が倒産してしまったりして家にいる人も多いので、運動不足がさらに加速している場合もあるのです。

もう、自動で通勤が運動になると言う状況には戻れないと仮定して、運動は自分で積極的にやるものだと認識して行くしか無さそうです。

筋肉をつけることを意識する

自分で積極的に痩せたい部分を集中的にトレーニングして行けば、脂肪が落ちて筋肉が育って行くのです。

筋肉がしっかりと付いてしまうと今度は太りにくい身体になって行くので、是非筋肉がしっかりと育つまで運動して行って欲しいですね。

どうしても自分で出来ないし、何をやったら効率の良い運動なのか分からない場合は、自転車を漕ぐ事をお勧めします。

ちょっと近所を散策するために乗ってみたり買い物に行く時は自転車で少し遠いスーパーに行ってみるなどすると、いつの間にかついていた脂肪がどこコカに行ってしまって居る状態になれるので、是非毎日少しの距離でも乗り続けてみてください。

どんな事でも継続し続けると何らかの結果が見えてくるので、自転車でもトレーニングでも毎日須戸素ずつコツコツ続けて結果を出して行きましょう。