お役立ち

読解力が足りていないと感じる人は、色んな文章作品を読んでみる

読解力が足りていないと感じている人は年々増えている様で、その原因は子供の頃に読んだ本の量に比例するとも言われています。

想像力と洞察力が必要な作品に触れる機会が減っている?

推理小説などの文面だけで殺人事件現場の状況を想像して補って、更に読み進めて行くうちに真犯人が誰なのかを想像しながらページをめくって行く~と言った感じで、想像力と洞察力を鍛えられる小説を読んだ経験が無い人も増えているのです。

ライトノベルの様な絵の少ない漫画の様な感じの文面の小説を読む人が増えたのも、想像力や洞察力を駆使して作品を読み解く力を養える作品に触れる機会が少なくなっている事が原因だと思われるのです。

ただ、ライトノベルの中には絵よりもちゃんと文章のページが多い作品もあるので、挿絵を参考にし過ぎて想像力が欠如しがちにならない様に、文章だけのページの本も読んでみて欲しいですね。

読解力が付くとどうなる?

読解力が付けば、色んな文章がこの世の中には溢れているので、それらの文章もまるで推理小説を読むかの如く読み進めるのが楽しくなれる場合もあるのでお勧めです。

文章を読み解く力があれば、この世の中に難しいと感じる文章が存在しなくなる可能性もあるのです。

しかし、わざと小難しく描かれている文章もたくさんあるので、読解力を駆使しても分からない事もあるかも知れませんが、多分その分からない文章は分かる人にだけ向けて作成されているので、分からない人は無理して読まない方が良さそうです。

これから先、色んな文章に触れる機会があると思いますが、色んな多くの文章に触れてもその内容や世界観を理解しやすくなるためには、色んなジャンルの文章作品を読んで脳の文章を読んだ経験を蓄積して行くと良いでしょう。